2017年5月28日日曜日

5月28日  ひとたびツアー

 さあ本日 まったくの文句なしの良い天気!
そしての微風! 本日カヤックをせずして何をする!
それでは出艇です。
 
 今年初めてカヤックをされる方もいらっしゃいますので
入念な練習を。 何度も言いますが素晴らしい日であります。
 ゆったり景色でも見ながら漕いでいたら あっという間の 目的地へ。
浅瀬でアメフラシにいたずらをしたりしながらスローな雰囲気がひろがります。
 芝生でゆっくりとランチタイム. 泳いだり、寝っ転がったり、散歩したり
各自自由な時間を楽しみます。
 帰り道も 天気、風とも まったく問題なく
ゆっくりと景色が流れて行きます。
素晴らしいブルーにたくさん出会えましたね。
是非機会がありましたらまたのご参加お待ちしております。
ありがとうございました。    加鹿 拓巳

2017年5月27日土曜日

5月27日 FirstSeakayak

 さあ本日は5月も後半に入り 気温がグングン上がってくる中
海での遊び心も急上昇。張り切って行きましょい
それでは出艇です。
 予報に良いほうに裏切られ、風は思ったよりも弱め
 気持ちが良すぎますね
 目的地は白砂の、素敵な浜辺 無事到着
素敵な景色に心も体も洗われます
 最高の1ショット!  男達のアドベンチャー
ゆっくりと時は流れてゆきます。
 帰り道は、風のいたずらに翻弄されながらも
巧みにカヤックを操作します 風との体話であります。
本日は1日良い天気に恵まれ、最高なカヤック日和でしたね
是非機会がありましたらまたのご参加お待ちしております。
ありがとうございました。  加鹿 拓巳

2017年5月25日木曜日

5月25日FirstSeakayak

 低気圧の接近で空模様が心配でしたが
朝方の小雨も上がり今日も静かな子浦でのツアー開始です。
 陸上でのカヤックの説明の後は。海藻の森の上を飛ぶように
湾内でパドリングのおさらいをしていきます
 そして確認が済み次第外海へ漕ぎ出していきましょう
雲の切れ間からは時折太陽が顔をだし
予想以上に天気が回復していきました。
 もちろん洞窟も回ります
少しだけ南のウネリが入っており
入口は波が有りましたが中は地底湖のように静かです。
 夏に向け枯れていく春の海草たちが揺らめきます
海草のアパートには小さな小魚たちは夏のアイドルの
ソラスズメダイたちも顔をのぞかせていました。
ゆったりと鏡のような海を帰路につきました
遊びにお越しいただきありがとうございました。
夜は美味しビールを頂けました!武田まさし

2017年5月24日水曜日

5月24日FirstSeakayak

 五月に入ってから比較的穏やかな海の日が続きます
本日は久しぶりに南伊豆西海岸の子浦でツアー開始です
 陸上での説明の後は海に浮かびパドリングの確認です
ほぼ大潮の干潮時で磯の海草や岩が露出し
沢山の生き物たちが顔を出しています
順調に湾外へ漕ぎだし、堆積岩の地層を見上げます
1000万年以上も前に積み重なった複雑な地層は
圧巻です
 海は静かですからもちろん洞窟だって覗きます
カヤックをぶっつけないように気をつけてくださいね!
 無人の浜でお昼ご飯を食べた後は帰路につきます
風はほとんど吹かず雲の合間から太陽が顔をだし
加賀美のような海が続きます
遊びにお越しいただきありがとうございました
またのお越しお待ちしております!
武田まさし

2017年5月20日土曜日

5月20日 FirstSeakayak

 さあ本日下田ではPerryさん来航にちなんだ黒船祭りが行われていますが
こちらも海の状況がSPECIALですので、下田からの出艇となります。

 風の穏やかな海に飛び出し、まずはPURACTICEです。
パドルでの船の操作を覚えましょう。
 THIS is JAPAN と言いたくなるような、下田が誇る綺麗な青。
に包まれながら海底に写る自分の影を見つめます。
 あそこが目指すべくそびえ立つLIGTHOUSE
景色の大きさに 震える手を忘れ  ただただ茫然とします。
 NICE VIEW での LUNCH TIMEは 素晴らしく
身体の中から外から すべてを洗い流してもらえます。
1日中 穏やかな天候に恵まれ 感動で胸がいっぱいですね。
機会がありましたらまたのご参加お待ちしております。
THANK YOU for COMING
加鹿 拓巳  

2017年5月19日金曜日

5月19日ワンディツーリング

 GWもおわり梅雨入り前の穏やかな初夏の空が広がる今日は
弓ヶ浜から下田へ向けてワンディツーリングへ出発です。
風も海も穏やかですよ。いまのところ・・・
 山々は新緑の緑に染まり夏へ向けぐんぐんと若葉を広げます
木々の種類によって新芽の色が別れ美しいグラデーションを楽しめます
 タライ岬の洞窟は
初夏の日光が岩の割れ目から降り注いでいます
 追い風に乗り下田湾の小さな浜に上陸します。
帰りは向かい風になりそうなのでお昼ご飯を取り
エナジーを回復しましょう
 お昼ご飯の後だってもちろん風向きなんか変わらず
黙々と向かい風を楽しみます。黒船祭りが始まり沖合には米軍の軍艦と
海上保安庁の船が警備にあたっています。
いつもありがとうございます
またいっしょにあそびましょう!
武田まさし

2017年5月5日金曜日

5月2日~6日伊豆七島キャンプツーリング後編

 5月5日 4日目昨日からの南東うねりが続いていますが
今日は朝一でタクシーを呼び再び多幸湾から島南岸へアタックを予定しています。
パドル前の準備運動はラジオ体操。長年のご夫婦は息もぴったり
 多幸湾へ移動するもウネリ風共に前日と変わらず
断腸の思いでパドリングを断念
ためにし運送屋に電話してみると4tトラックでカヤックを前浜まで運んでくれました。
 とりあえず時間が出来てしまったのでお昼は外食にしようと
港にある地物定食屋さんへ
みんなは魚が食べたいでしょうが僕は生姜焼きをキメました
 島西側は風とウネリも影響受けず初夏の太陽が降り注ぎ
青い海と広い空を前浜より長浜のキャンプ地へ
のんびりツーリング
キャンプ地の沖合では毎日アカハタガ釣れ
本日も夕飯はアカハタの刺身とあら汁
それに知らない人からもらったムロアジでタタキを作ります。
 そしてパーフェクトな夕日を眺めながら
ビールを飲みます。毎日刺身とビールで
私(武田まさし)は5日間のツアーで2kgの体重増加でした
 5月6日 あっという間にツアー最終日。神津島は西の前浜神津島港と
東の多幸湾港と二カ所のフェリー発着場所があり当日の
天候でどちらにつくか決定されるのですが我々がいるのは西側
海はあまり良くないのでフェリーが島の反対へ入ってしまうと困るのです。
 初日から続いた東の風は今朝から西寄りに変わり始め
不安な気持ちで海へ漕ぎ出すと防災無線でフェリーは西側の多幸湾
に入ると放送されてしまいました。
 しかし僕らには頼れる丸甚運送さんがいますので
上陸後電話をして「いつものやつでお願いします」と伝えると
四トントラックが横付けされ「じゃぁ波止場に置いておきますよ」
とスムーズにカヤックは運ばれていきました。
 そしてあぜりあ丸にカヤックと乗り込み
下田へ向かって帰路につきます。
天候に恵まれ調子よく島を渡れるかと思いきや
予想外のウネリの影響を受け結果1kmほど未漕が残りましたが
島ならではの雰囲気のんびりしたツアーとなりました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
武田まさし